「ヒト」「コト」「モノ」作りを通した
減災・克災と地域ルネサンス実現

福和伸夫 名古屋大学減災連携研究センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 減災館
fukuwa@nagoya-u.jp

安全で安心な国・地域を実現するために地震災害軽減の研究を行う。真理探究と問題解決のため、現象解明のための「コト」を明らかにする研究、問題解決のための「モノ」作り、協働の場作りや防災意識啓発、教育・育成などの「ヒト」作りを行っている。当研究室では、災害を減らすことで(減災)災害を克服し(克災)、そのプロセスを通して新たな地域社会を作る(ルネサンス)ことを目指している。そのために、知恵を絞るシンクタンク・減災連携研究センターと、皆が集うアゴラ・減災館を中心に活動を展開している。

コト:都市-建築物-地盤系の地震時挙動解明と災害情報の共有・システム化

都市・建築物の地震時安全性を確保ために、外力と抵抗力を明らかにし、危険を回避し、災害を軽減する。そのため、都市が立地する堆積平野の地震時挙動を明らかにすると共に、建築物の地震応答性状と耐震性能を解明し、的確な耐震技術を構築すると共に、社会の災害病巣を検知しつつそれを治癒するための都市の防災戦略を立案している。また、これらを実現するための、理論・実験・観測、災害情報共有化、災害情報システム構築、提言の作成などを行っている。

モノ:都市の地震防災や災害情報に関するシステム化研究と防災教材作り

地震に強い建築物を実現すると共に、各種のセンサー、災害情報システム、モニタリングシステム、社会の行動を誘発する教材を開発する。各種の耐震的アイデアを取り入れた減災館、耐震教材「ぶるる」をはじめ、様々な実験教材や情報システムが満載の減災ギャラリー・減災ライブラリーを具現化している。また、インターネットやプロジェクション技術を組み合わせた懸隔型の災害情報共有ワークショップ手法を構築している。

ヒト:地域協働による防災力向上に関する人作りと地域ネットワーク構築の試み

地域防災力の向上のため、地域社会の総力を結集し、皆が本気になって減災に取り組む仕組み作りと人作りをする。そのための連携協働の場作り、啓発・育成・行動誘発のための実践活動として、様々なセミナーや研究会を開催している。

1ページにまとめた略歴書

学歴等

名古屋大学工学部建築学科・1979年
名古屋大学大学院工学研究科建築学専攻博士課程前期課程・1981年
一級建築士・1982年 

工学博士(名古屋大学)・1989年
構造設計一級建築士・2005年

職歴等

1981.4 清水建設(株)
1991.4 名古屋大学工学部助教授(建築学科)
1997.4 名古屋大学先端技術共同研究センター教授
2001.4 名古屋大学大学院環境学研究科教授
2009.4 名古屋大学大学院環境学研究科副研究科長(~2011.3)
2010.12 名古屋大学減災連携研究センター教授を兼務
2012.1 名古屋大学減災連携研究センター教授
2012.1 名古屋大学減災連携研究センター長(~2021.3)
2017.5 日本地震工学会長(~2019.5)
2017.6 あいち・なごや強靭化共創センター センター長
2020.7 中部防災推進ネットワーク 会長

 

賞罰等

2003年日本建築学会賞(論文) 構造物と地盤の振動現象の解明と都市地震防災への活用に関する研究
2007年科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(理解増進部門) 体感型振動実験教材を用いた耐震化の理解増進と防災普及啓発
2007年グッドデザイン賞新領域デザイン部門 触れて学ぶ耐震実験教材「ぶるる」
2008年日本建築学会教育賞 耐震化推進と耐震教育改善のための教材開発と啓発・教育活動の実践
2008年地域安全学会技術賞 住民の地震対策を誘導する教材の開発と啓発・育成活動の実践
2009年日本災害情報学会廣井賞 マスメディアと研究者のための地震災害に関する懇話会
2009年日本耐震グランプリ 愛知建築地震災害軽減システム研究協議会
2014年防災功労者防災担当大臣表彰
2015年ジャパンレジシエンスアワード 最優秀レジリエンス賞  減災館を活用した減災ルネサンス
2015年免震構造協会普及賞 減災館における学習・体感・研究を通した免震技術の普及・啓発
ジャパンレジシエンスアワード2015 最優秀レジリエンス賞 減災館を活用した減災ルネサンス
2016年免震構造協会技術賞 巨大地震に対応する接続型スイッチダンパーの開発
ジャパンレジシエンスアワード2016 最優秀レジリエンス賞(教育・人づくり) 防災・減災カレッジ
ジャパンレジシエンスアワード2017 最優秀レジリエンス賞(リスクコミュニケーション) 高校生防災セミナー
Yahoo!ニュース 個人、2018年9月の月間MVA 震度 7 で孤立した北海道、台風被害で足止めの関空 自律とボトルネック解消の 大切さ
Yahoo!ニュース 個人、2018年10月の月間MVA ダンパー改ざん、不正は許されないが安全への過度な心配は不要、技術への信頼失墜は重大
ジャパンレジシエンスアワード2019、優秀賞 産官学の結集による地域強靭化推進拠点「あいち・なごや強靭化共創センター」の設立とその実践
2019年日本建築学会著作賞 次の震災について本当のことを話してみよう。
2019年防災功労者内閣総理大臣表彰
Yahoo! ニュース 個人、2019年12 月の月間 MVA 南海トラフ地震の津波避難のため、テレビ各局がヘリ映像を共有化する「名古屋モデル」

 

専門分野 : 建築耐震工学、地震工学、地域防災

理論解析・実験・観測に基づく構造物-地盤系の地震時挙動に関する研究
堆積平野の地下構造・震動性状と強震動予測に関する研究
建築物の耐震・免震・制振(震)技術、振動モニタリング技術に関する研究
災害情報システムや防災教材の開発研究
防災減災戦略や地域協働・産業防災・啓発育成に関する研究
交通振動・工事振動などの環境振動問題と振動居住性に関する研究

教育活動

耐震工学(3年) 総合防災論II(M1) 地震工学(M1)